単身赴任のインターネット事情

単身赴任でのインターネット環境

 

 

生活するうえでなくてはならないものと言えば

インターネット環境です。

 

私はテレビと新聞はほとんど見ません。

妻がドラマを見ているのを一緒に眺めていたり、

新聞も妻が読んでいたのでたまに横からのぞき込むくらいでした。

なので情報は専らパソコンでインターネットから得ていました。

 

ということで単身赴任ではテレビも新聞も必要ないのですが、

ネット環境だけは急いで整える必要があります。

 

単身赴任前はガラケ―でしたのでネットに接続できるのはパソコンのみです。

転居してすぐにパソコンでインターネットに接続できる環境を整えないと困ってしまいます。

 

 

インターネット環境の選択肢

 

インターネット環境の選択肢として

  • 固定光回線
  • モバイルルーター等

があります。

 

固定光回線

メリット

  • 接続が安定している
  • 接続スピードが速い

デメリット

  • 入居と同時に開設できるか?
  • 金額が高い。
  • 転居の度に工事、解約が必要
  • 外出先で使えない

 

モバイルルーター

メリット

  • 電波さえ届けばどこでも使える
  • 光に比べて安い
  • 事前に買っておけば入居と同時にネットにつなげる
  • 転居時の手続きが楽

デメリット

  • 回線が不安定
  • 電波が届かないと使えない
  • 通信スピードが遅い

 

単身赴任ですと急な移動もありますし、固定回線の契約よりもモバイルルーターで

済めばいいかなと考えていました。

ネットを良く使うといっても、ネットのサイト閲覧やYOUTUBEくらいで

ゲームをやったりするわけではありませんので。

 

WiMAX

モバイルルーターと言えばWiMAXですが、

ネット環境は生活するうえでなくてはならないものなので、

電波状況や通信の状態をしっかり確認してから申し込みたいですね。

Try WiMAX(トライワイマックス)をご存知ですか?

ワイマックスの機材を15日間無料で借りて使えるというサービスです。

Try WiMAXのサイトから申し込めます。

 

このサービス、なんと15日間登録料、通信料、レンタル料、配送費など

費用が一切かからず無料です。

まずはサービスエリアマップから住居がサービス範囲になっていることを確認します。

サービス範囲に入っていることを確認して申し込みます。

申し込みにはクレジットカードが必要になります。

出荷手続きは通常、申し込み日の翌々日までに完了するそうです。

レンタル期間はUQ WiMAXより貸出機器が発送されてからUQ WiMAXへ

貸出機器が到着するまでの期間が15日間ですので注意してください。

返却が遅れたり壊したりすると高額な違約金(20000〜22750円)が発生します!

 

申し込んでから2,3日で機材が到着して、返却期間の余裕を考えると実質使えるのは

1週間くらいと思っておいたほうが良いですね。

私は単身赴任で住居を決める際に、部屋の内覧予定日に合わせて機器をレンタルしました。

WiFiルーターを持って3件の物件を内覧したのですが、どこの物件も部屋内では電波状況が

微妙に悪く安定した接続ができませんでした。

ベランダならイケてたんですけどね。

サービス範囲内でも建物の形状や部屋の位置で使えなかったりするみたいです。

 

事前に確認しておいてよかったです。

この結果、モバイルルーターは諦めて光回線を申し込むことにしました。

 

でも、モバイルルーターは魅力的ですよね。電波状況が良ければぜひ使いたかったです。

あと、WiMAXの契約をすると無線LANサービス(UQ Wi-Fi)が無料で使えるというのも

魅力的です。新幹線の中でも使えるので、月一で妻子のもとに帰るような単身赴任者には

有用なのではないでしょうか。