新幹線を予約する時のポイント

新幹線を予約する時のポイント

 

新幹線の移動って長時間になりますよね。

できれば快適に過ごしたいものです。

何度か乗っているうちに自分なりのコツというかルールというものができてきました。

東海道新幹線に乗る際の自分ルールをご紹介します。

 

席はA席を選ぶ

 

東海道新幹線はA~C席が海側の3列席、D・E席が山側の2列席になっています。

AとE席が窓側、CとD席が通路側の席です。B席は3列の真ん中です。

これは上り列車でも下り列車でも一緒です。

 

予約サイトを見ていると予約の埋まる順番としては

E⇒A⇒D=C⇒⇒Bという感じです。

E席は窓際でかつ2列席なので人気なのでしょう。

あと、山側なので車窓から富士山が見れます。

 

私はこの中ではA席が好きでよく選びます。次がE席です。

可能な限り窓際が良いですね。

窓際だとトイレに立つ時は確かにちょっと不便ですが、通路側だと逆に

隣の人がいつ席を立つかわからないのでおちおち寝られません。

それと窓際にはコンセントがあるので携帯の充電ができます。

新幹線の中ってホントにやることがありません。

唯一の娯楽がスマホです。電池が無くなったら寝るだけですからね。

 

窓際でも1番人気のE席ではなくてA席を選ぶ理由ですが、

E席だとだいたい隣のD席は埋まっていますが、A席だと不人気のB席が

空いていることが多いからです。

あとB席が埋まっている場合、B席とC席が2人連れの場合も多いので

その場合A側にはあまり寄りかかって来ません。

あと根拠は無いですがE、D席は大柄な人が多いような気がします。

大柄な人は狭そうな3列シートを避けるからでしょうか?

 

ブラインドは即閉める

 

何度も新幹線に乗ってると景色とかどうでも良くなりますよね。

夜に乗ることが多いので。

 

カバンをフットレスト代わりに

 

カバンを座席の前に置いて足を乗せてます。

フットレスト代わりです。

アマゾンでこんなの売ってました(笑)

いろいろ考える人がいるんですね。

 

駅弁は買わない(買えない)

 

いつもスマホで新幹線の発車時刻を確認して時間丁度の列車に予約変更するので、

駅で弁当を買う時間が無かったりします。

あと、朝一の新幹線に乗ったときホームの売店が開いてなかったり、

予想外にレジが混んでいて列車に間に合わなさそうで買うのを諦めたこともあったので、

飲食はペットボトルのお茶、おにぎりとか軽いものをコンビニで事前に買うようにしてます。

 

乗るならN700系。700系には乗らない。

 

予約の時、N700系か700系かを確認してN700系を選びます。

700系って窓側の席にコンセントが無いんです。

携帯を充電しようとしてコンセントが無い事に気づいた時はちょっとショックでした。

あと、700系って喫煙車両があるんですよね。

もちろん禁煙車両もあるんですが禁煙車両でも臭いが酷いです。

知らずに700系に乗って気持ち悪くなりました。

 

はタバコを吸わないのですが特に嫌煙というわけではなく、

周りで吸ってても気にならないですし、煙の臭いはむしろ好きです。

でもあの灰皿の臭いと消臭剤が混じったような悪臭はダメでした。

N700系は全席禁煙なので有難いです。

 

余談ですが、あの臭いが何なのか気になってgoogleで調べてみたんですが、

タバコのシケモクにはタールをはじめとした200種類以上の有害な科学物質が残っていて、

それを水に漬けると化学物質が溶け出して灰皿の悪臭になるみたいです。

また、タバコってニコチンの吸収を良くするために

スカトールとかアンモニアを添加してるみたいです。

スカトールっていうのは、う〇この臭いの成分です。

アンモニアはご存知の通り汚いトイレでツーンと来るあの臭いです。

私の弟はタバコを吸うんですが、某銘柄のタバコはう〇こ臭いと言っていたのを思い出しました。